コラム

2018.12.12

会議が眠い…。会議中に眠くなるのは病気?会議中の眠気を防ぐ予防法と会議がどうしても眠いときの対処法

会議が眠い…という方は多いのではないでしょうか。会議になるとどうしても眠くなるという方へ、ここでは会議中に眠くならずに集中力を保つコツについて考えていきます。会議中に眠くなってしまう方は、会議がどうしても眠いときの対処法を参考にしてみて下さい。

■会議が眠いと感じるのは全体の8割も!
「大事な会議中に眠くなるなんて、何かの病気なのかもしれない…」と心配になる方もいらっしゃると思いますが、実は約8割の人が会議を眠いと感じているそうです。もちろん、会議が眠いなんて社会人としてあるべき姿ではありませんが、実際、多くの方が経験している事ですので、病気の心配をする必要はありません。
ですが、大事な会議で眠くなってしまうのは困りものです。そんな時は、会議で眠くならないための予防法として、いくつかのコツがありますので参考にしてくださいね。

■会議が眠くなるのを防ぐには?会議中の眠気を防ぐ予防法
・会議がある時の食事の量やタイミングに注意する
お腹が一杯のまま会議に挑んでしまうと、消化の為に血流が胃に集中してしまうので、集中力が途切れボーッとしてしまいがちになります。その為、会議がある時は食事の時間や量を調節するのが1つの予防法です。朝一で会議がある場合は朝食を軽めにし、午後1番からの会議の時は昼食を軽めに、出来るのであれば早めの時間に取っておくと安心でしょう。
・冷暖房の調節も眠気を吹き飛ばす対策になる
長時間の会議では室内の温度が適温に保たれている事が条件ですが、特に暖房が効きすぎる部屋では頭がボーッとしてしまい、眠気を誘ってしまう結果に繋がります。その為、会議前に室温をチェックし、暖房が高すぎると感じるのであれば、そこで調節しておくのも1つの予防法になります。
・会議前に仮眠を取っておく
これは昼食後の会議に有効ですが、早い時間に昼食を食べた後、30分程度仮眠をしておくと、会議中に眠くならずに済みます。体を休める事でリフレッシュにもなるので、会議前に時間がある方は、少しの間でも仮眠を取っておくと安心です。

■予防しても会議で眠くなってしまう場合は?対処法まとめ
会議中の眠気を防ぐ対処法を試しても、どうしても眠くなってしまう時もあるかと思います。そんな時に試してほしい、会議で眠くなるときの対処法をまとめてみました。
・眠気覚まし効果のあるタブレットや炭酸飲料などを飲む
長い会議では、飲料の持ち込みが出来ることが多いでしょう。会議中に眠くなるのを見越して、炭酸が強めの飲料を用意しておきましょう。また、炭酸は苦手という人は、緑茶やウーロン茶など、冷たい飲み物は眠気を覚ましてくれるので、水筒に氷を入れて冷えた飲み物をいつでも飲めるようにしておくと良いですね。また、清涼感の強いタブレットを用意しておくのも良いでしょう。目覚まし効果のあるタブレットはすっきりとして眠気が冷めるかと思います。
・会議の発言をノートにひたすらまとめる
人は手を動かしていると眠気が覚めるものです。会議で誰かが発言した内容をノートに随時書いておく事で、眠気も次第に覚めてくるでしょう。また、会議の内容をノートにまとめておく事で、後から見返す事も出来ますし、分からない部分があれば後からでも質問しやすくなるので、会議の発言はノートにこまめにまとめておくと良いでしょう。
・会議中は積極的に発言する
発言の場になった際、積極的に発言していくのも眠気を覚ます1つの方法です。発言する為には内容を考えなくてはいけませんので、頭を使うと眠気がだんだんと覚めていきますし、会議で積極的に発言する事で評価にも繋がります。会議の時はなるべく積極的に参加し、発言する事を心がけておくと眠気対策になるでしょう。

■まとめ
会議中に眠くなる方は全体の8割にものぼり、会議で眠くならないための予防法としては食事の時間やタイミング、仮眠などを取る…という方法がありますが、それでも眠くなってしまう事もあります。その理由としては、やはり会議室の室温が適温に調整されていなかったり、進行司会役の手際の悪さも理由としてあげられるようです。また、会議室の雰囲気などによっても緊張感や集中力も違ってくるのだとか。
司会役の進行の手際の良さは各個人によって異なりますが、室温調整や会議室の雰囲気作りなどはすぐに出来る対処法の1つです。例えば、自社の会議室の空調がきちんと管理出来ていない場合や、会議室が資料等で殺伐としていて集中できる環境ではない場合など、会議室の環境が原因で、大切な会議の時に集中出来ずに眠くなってしまう参加者が増えるということも。集中できる環境を提供するのも会議の進行をスムーズに進める上では大切な事です。その場合は、空調設備が整っており、きちんと管理されている貸会議室を借りるというのも1つの対処法となるでしょう。環境が整っている会議では眠くなる事は少なくなりますし、集中力も高まります。大切な会議の時などは、貸会議室を借りる事でスムーズに会議を進める事も出来るのではないでしょうか。