レンタルスペースを利用したライブ配信のメリット・デメリット

近年、レンタルスペースを利用したライブ配信を行う人が増えています。
そこでこの記事では、ライブ配信を行う際にレンタルスペースを利用するメリットやデメリットについて紹介します。

レンタルスペースとは

レンタルスペースとは、時間単位でレンタルが可能な多目的室のことで、利用目的によって「レンタルスペース」「貸し会議室」「イベントスペース」「シェアオフィス」などさまざまな呼び方をすることがあります。
レンタルスペースは場所によって部屋の広さや利用できる設備が異なり、料金にも差があります。そのため、レンタルスペースを利用してライブ配信を行う場合は、目的に合った広さや設備の整った場所を選ぶことが大切です。

レンタルスペースを利用したライブ配信のメリット

レンタルスペースを利用したライブ配信には以下のようなメリットがあります。

必要な機材が完備されている

レンタルスペースのなかには、ライブ配信に必要な機材を完備しているところがあります。もちろん、普段使用している撮影機材を持ち込んで配信することもできますが、PC一つで手軽にライブ配信がしたいという場合には、撮影機材が備わったレンタルスペースがおすすめです。

速度の速いインターネット回線が利用できる

ライブ配信を成功させるカギともいえるのが、高速で安定した通信回線が利用できる環境を用意することです。
レンタルスペースのなかには、高速インターネット回線の利用ができ、安定した通信環境でライブ配信ができるところもあります。

撮影スペース以外に打ち合わせスペースも確保できる

ライブ配信をスムーズに行うためには、事前の打ち合わせが必要不可欠です。
レンタルスペースの場合、ある程度の広さがあるケースがほとんどのため、撮影スペース以外に打ち合わせスペースを用意することもでき、また出演者やゲストの控室や休憩スペースも確保しやすくなります。

レンタルスペースを利用したライブ配信のデメリット

ライブ配信用にレンタルスペースを利用する際は、メリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

費用がかかる

屋外や社内の会議室などを使ってライブ配信を行う場合は、費用をかけずにライブ配信を行うことが可能です。しかし、レンタルスペースを利用する場合は、レンタルスペースを借りる費用が発生します。レンタルスペースの費用は広さや設備によって異なりますが、一般的に部屋の広さが広くなるほど料金は上がる傾向にあります。

早めの予約が必要

最近では、レンタルスペースを利用してライブ配信を行う人が増えているため、レンタルスペースの確保に苦労することもあるかもしれません。前日、または当日に利用可能なレンタルスペースもありますが、確実に場所を確保するためには、早めの予約がおすすめです。

機材持ち込みの手間がかかる

撮影用の機材が完備されたレンタルスペースの場合は問題ありませんが、自分たちで撮影機材の持ち込みが必要なレンタルスペースの場合は、機材一式を揃えたうえで、さらに持ち込むという手間がかかります。機材を移動させる間に故障などのトラブルが起こる可能性もあるため、注意が必要です。

ライブ配信に適したレンタルスペースの選び方

ライブ配信でレンタルスペースを利用する場合は、以下のポイントをチェックしながら、ライブ配信に適したレンタルスペースを選ぶことが大切です。

ライブ配信の実績

ライブ配信の実績が多いレンタルスペースは、ライブ配信の環境が整っていることの証明になります。
ライブ配信の実績はホームページなどに記載されていることも多いため、気になるレンタルスペースがあればホームページを確認し、これまでのライブ配信の実績を確認してみましょう。

常駐スタッフの有無

ライブ配信で多いのが、通信回線のトラブルや当日の機材のトラブルです。
レンタルスペースのなかにはライブ配信用の機材を現地でレンタルできる場合もありますが、撮影時のオペレーションは自分たちで行う必要があります。
慣れない機材の操作は、配信中のトラブルにつながる可能性もあるため、レンタルスペースを利用してライブ配信を行う場合は、映像や音響の専門スタッフが常駐しているところを選ぶことをおすすめします。

オペレーションスタッフの有無

ライブ配信に慣れていない場合や初めてライブ配信を行うという場合、撮影機材の操作に不安があるという方も多いのではないでしょうか。
ライブ配信が可能なレンタルスペースでは、機材のレンタルだけではなく機材を操作するオペレーションスタッフ込みで利用できるところがあります。機材の操作を専門のスタッフに任せることができれば安心してライブ配信に集中できるため、機材操作に不安がある場合はオペレーションも任せることができるレンタルスペースも検討してみてはいかがでしょうか。

インターネット回線の速度

インターネットで動画を視聴する場合、途中で画面が止まってしまって動かなくなってしまったことや、画面がコマ送りのようになってしまい、映像がスムーズに見られないという経験をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
動画は静止画像と比較するとデータ量が多くなってしまうため、インターネットの回線の速度が遅い環境でライブ配信を行うと、画面が止まってしまうといったトラブルが起きやすくなります。
安定した環境でライブ配信を行うためには、ライブ配信専用のインターネット回線があるだけではなく、速度の速いインターネット回線を完備しているレンタルスペースを利用するのがおすすめです。

アクセスの良さ

レンタルスペースを利用してライブ配信を行う場合、アクセスの良い場所を選ぶことも大切です。特に、大人数が集まって行うライブ配信やゲストを招いて行う場合、たくさんの機材を持ち込んでライブ配信を行う場合にはアクセスの良いレンタルスペースを選ぶほうが、撮影がスムーズに進むでしょう。

最後に

近年、YouTubeやインスタグラムをはじめライブ配信が簡単にできるツールが増え、さらにコロナ禍で大人数が集まるイベントが開催しづらくなっていることから、レンタルスペースを利用してライブ配信を行う方が増えています。レンタルスペースのなかにはライブ配信に必要な安定したネット環境や機材が完備されている場合もあるため、今回紹介した選び方のポイントを参考に、広さや料金なども比較しながら、ライブ配信の規模や希望に合ったレンタルスペースを選びましょう。

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)は、ZOOMを利用した簡易WEB会議から本格的なライブ配信イベントまで対応できるレンタルスペースです。安定したネット環境のある場所でライブ配信をしたい、オペレーションスタッフが常駐している場所でライブ配信をしたいという方は、赤坂インターシティコンファレンス(AICC)にご相談ください。

おすすめの記事

オンラインセミナーのやり方、会場や機材はどうする?

コロナ禍で行うオンラインセミナーとはどのようなものなのか、会場や機材はどのように準備すればいいのかなど、オンラインセミナーのやり方について紹介します。

合わせて読みたい関連記事

//- 白いロゴ