東京にある貸し会議室のおすすめを紹介!大人数・少人数・撮影もOK

東京の貸し会議室は、一般的な会議に使用するだけではなく、Zoom(ズーム)などを利用したオンライン会議やオンラインセミナーなどを配信する場所としても利用することができます。
そこでこの記事では、東京にあるおすすめの貸し会議室を紹介します。

東京で貸し会議室を選ぶポイント

東京で貸し会議室を選ぶときに、チェックしておきたいポイントを紹介します。

立地やアクセスの良さ

東京で貸し会議室を選ぶときに、まず押さえておきたいポイントは立地やアクセスの良さです。
特に貸し会議室を利用してイベントや会議を行う場合、会議の参加者やイベントの参加者が東京以外の遠方から訪れることも多いため、駅から近いなど、アクセスしやすい場所にあるというのは貸し会議室を選ぶ大きなポイントになります。

大人数に対応しているか

東京にある貸し会議室の中には、少人数のみに対応している貸し会議室も少なくありません。
そのため、東京で規模の大きいイベントや会議を行う場合は、大人数向けの貸し会議室があるかどうかを確認するようにしましょう。

少人数に対応しているか

東京で小規模の会議を行う場合でも、ギリギリの収容人数で貸し会議室を選んでしまうと、ソーシャルディスタンスを保つことが難しくなります。逆に、広すぎる貸し会議室を選んでしまうと、必要以上に料金が高くなってしまい、予算と合わなくなってしまう可能性もあるでしょう。
小規模の会議やイベントで使用する場合は、実際利用する人数の倍くらいの収容が可能な貸し会議室を選ぶのがおすすめです。

おしゃれな雰囲気があるか

東京の貸し会議室でイベントを開催する場合、イベントの内容によってはおしゃれな雰囲気のある貸し会議室を選ぶのがおすすめです。貸し会議室の中には、まるでテーマパークのような会議室や隠れ家のような会議室、高級ホテルのような雰囲気の会議室もあります。
大切なお客様を招待してイベントや会議を行う場合は、おしゃれな雰囲気や高級感のある貸し会議室を選ぶのもおすすめです。

動画撮影・配信環境があるか

オンライン会議やオンラインセミナーのために東京の貸し会議室を利用する場合は、動画撮影や配信環境が整った貸し会議室を選びましょう。
簡単な動画であれば、パソコンやスマホだけで撮影することも可能ですが、オンラインセミナーを行う場合は、照明や音響機材なども必要になります。また、ハイブリット会議を行う場合は、リアル出席者とオンライン出席者に分かれるため、両方の出席者に不具合がないように進行しなければなりません。また、主催者が動画撮影に慣れていない場合は、オペレーションを任せられるスタッフが常駐している貸し会議室を選ぶと良いでしょう。

Wi-Fiや高速のインターネット回線があるか

東京の貸し会議室でオンライン会議やウェビナーを行う場合は、安定した高速のインターネット回線も必要です。
インターネット回線が不十分な場合、途中で映像が止まってしまったり、画面が固まってしまったりといったトラブルが起こる可能性が高くなります。貸し会議室を選ぶときは、高速のインターネット回線が使えるかどうかも確認しておきましょう。

料金は予算と合うか

どんなに最高の環境が整っていたとしても、予算がオーバーしてしまうと負担が大きくなってしまいます。
貸し会議室で行う内容と料金を確認して、予算に合う貸し会議室を選ぶようにしましょう。

東京にある貸し会議室のおすすめは?

東京で貸し会議室をお探しの方は、ぜひ赤坂インターシティコンファレンス(AICC)をご検討ください。
ここからは、赤坂インターシティコンファレンス(AICC)の特徴やおすすめのポイントを紹介していきます。

駅直結でアクセスが良い

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)は、溜池山王駅(東京メトロ銀座線、南北線)、国会議事堂前駅(東京メトロ千代田線、丸ノ内線)14番出口から地下通路で会議室があるビルの地下1階まで直結しています。
地上からのルートを利用する場合でも9番出口から徒歩2分の場所にありますが、地下ルートを利用すれば雨の日でも傘をささずにアクセスでき、招待客だけではなく主催者側にとっても利用しやすいのが特徴です。

大人数・少人数にも対応

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)には、大小さまざまなサイズの貸し会議室があり、10名程度の小規模な会議から300人以上の大規模な会議まで対応可能です。
また、1つのテーブルに数名ずつ配置できるスクール形式だけではなく、前方のモニターを中心にしたシアター形式するなど、会議の形式に合わせて机や椅子の配置を変えることができるため、会議やセミナー合った適切な部屋や配置を選ぶことができます。

高級ホテルのようなおしゃれな空間

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)の貸し会議室は、高級ホテルのようなおしゃれな空間になっています。VIPをお招きする際に相応しいエントランスやゆっくりくつろげるラウンジもあるため、VIPな招待客やエグゼクティブな方をお招きした会議にもおすすめです。

高速・安定のインターネット回線線

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)では、Zoom(ズーム)などを利用したオンライン会議やウェビナーに使用できる高速で安定したインターネット回線を完備しています。
通常の会議やセミナーはもちろん、オンライン会議やオンラインセミナー、ハイブリット会議にも対応しています。

運営サポート体制が整っている

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)の強みは、運営サポート体制が充実していることです。配信専門スタッフが常駐していますので、配信の経験がほとんどない方がオンライン会議やウェビナーを検討している場合でも安心して利用することができます。また、一社一担当制で担当したお客様に対して一貫したサポートを行っていますので、担当者が途中で変わってしまうという心配もありません。

リーズナブルな料金とMICE支援プラン

MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う研修(インセンティブ・Incentive )、団体、学会等が行う会議 (コンベンション・Convention)、企業などで行うイベント(Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称です。
赤坂インターシティコンファレンス(AICC)では、リーズナブルな料金とMICE支援プランが充実しており、専任の担当スタッフのサポートを受けながら準備を進めることができます。そのため、イベント運営が初心者も、動画配信に慣れていないという方も安心してご利用いただけます。

最後に

赤坂インターシティコンファレンス(AICC)は、駅直結でアクセスがよく、高級ホテルのような空間の貸し会議室です。10名程度の会議から300名以上の会議まで対応が可能なだけではなく、配信スタッフが常駐していますので、Zoom(ズーム)などを利用した配信イベントにも適しています。
東京で貸し会議室をお探しなら、大規模な会議からZoom(ズーム)の配信イベントまで対応可能な赤坂インターシティコンファレンス(AICC)にお任せください。

おすすめの記事

貸し会議室に求められる新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインとは?

貸し会議室に求められる新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインとはどのようなものなのか解説します。

合わせて読みたい関連記事

//- 白いロゴ